楽しい明石焼き♪

(※ 写真は全てサムネイルです。クリックすると拡大します。)



「今日はおとーちゃんが料理するんですか?」


・・・・と、ボビたんが珍しそうに見上げる先には、


そーです。今夜は手作りの明石焼き!ヽ(´∀`*)ノ
しかも、タコ焼き器付きの今使っているホットプレートを買って以来初めての明石焼き!ヽ(´∀`*)ノ


で、なぜ、明石焼きでタコ焼きではないのか?と言うと、それは・・・・、

「タコを買ってこなかったから!」

……φ(。∀*)☆\(-_-)


個人的には、タコがなくても、イカとかエビとか入っていると嬉しいのだけれど、イカもエビもなくて、なぜか入るのは奥さんが買ってきた「はんぺん」!(^_^;)
酒のつまみ用に買ってあった「やわらか酢イカ」でも入れようかと提案もしましたが、あえなくボツとなりました_| ̄|●


さて、ホットプレートを熱して、焼き型に油を薄くひき、卵たっぷりの生地を焼き型の穴に流し込みます。


明石焼きの本場、兵庫県明石市では明石焼きのことを「玉子焼」と言うのだそうで、地元以外では普通の卵焼きと区別するため、「明石焼き」と呼ぶそうです。
で、この明石焼きが大阪に伝わってタコ焼きに発展したらしいのですが、確かに明石焼きは卵をたくさん(今回は6個)使いますが、タコ焼きの方は卵は明石焼きの3分の1のようです。
ですから焼き上がりの固さが明石焼きとタコ焼きでは全然違いますね。
タコ焼きは楊枝で刺して食べられますが、明石焼きは箸でないと持ち上がりません。


次に、はんぺんを入れます。



固まりかけてくれば竹串で、縁をなでるようにして返し丸くします。その後も回しながら焼きます。


で、出汁に浸していただきます♪





フワフワでまいうーなのですが、やっぱりタコが入ったのが食べたかったぜえ~!!(≧▽≦)

カテゴリー: 最近の晩ごはん   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>