松島湾牡蠣鍋クルーズ2018に行ってきました。

みなさんこんぬづは、りゃん父です。

昨日(1月27日)、某団体主催の毎年新春恒例レクレーション、松島湾牡蠣鍋クルーズに今年も参加してまいりました。
集合場所は塩釜港旅客ターミナル「マリンゲート」、集合時刻は10:30、参加費は4,000円(飲みほ付き)です。


01
集合場所の「マリンゲート」に到着すると、毎年これを楽しみにしている皆さんたちがすでに早々と到着。近況を語り合ったり、笑顔ニコニコで和やかに歓談されたりしております。

今回も集合場所までちゃこPさんにクルマで送ってもらって行ったら、皆さん、「りゃん父は帰ってよいので、ちゃこPさんだけ参加して。お金は取らないから。」と、ワダスには冷たいくせにちゃこPには熱烈歓迎という、まるでイソップの北風と太陽のような態度でした。(意味は違うけど。)
残念ながら、ちゃこPはこの後ターミナル内のお店で食事をしながらご帰宅の予定です。
せっかくここまで来て牡蠣鍋に参加しないので、一応送り賃としてちゃこPの昼食代はワダスが負担することにしました。


02
参加者全員が揃ったところでいよいよ桟橋に移動開始。


03
一昨年は、定員86人の船で船が沈むのではないかと心配し、その反省から昨年は定員400人の松島湾内で運行される観光船の中で一番大きい船での開催となりましたが、今年はその二つを足して二で割って、少し大きめにしたような観光船。一応3建てです。
コメントが難しいです(゚∀゚ノノ゙(参加全員で37名なのだから贅沢言わない。)


04
それでは全員で観光船をバックに記念撮影。
セルフタイマーの音が聞こえないという声もありましたが、(本当はちゃんと聞こえています。)そういう声が上がるところが参加者の年齢の高さを表現しているようで微笑ましい。

……(。∀*)☆\(-_-)


05
こちらはちゃこPが展望デッキから撮影した集合写真の時の様子。
フード付きダウンを着て、団体の後方へ回り込もうとしているのがワダス。


07
ちゃこPさんの見送りを受けながらいよいよ出発お進行!


06
アメリカの貨物船が桟橋で待ってるよ、男って奴は港を出てゆく船のようだね♪(だからナニ?)




08
今回は、4人掛けのテーブルに鍋が一つずつ。


09
給仕係のおねいさんが出汁を入れて着火開始。


10
まず最初に、団体の会長さんからのご挨拶があって、その後来賓代表の方の乾杯でいよいよ牡蠣鍋パーティがスタートしました。


11
メニューは、メインの鍋以外は、まず牡蠣フライ。(1個食べてから撮りました(*^^*))


12
それに、牡蠣の酢みそ和え。(同じく、1個食べてから撮りました(*^^*))
これに、漬物にみかん、後でご飯が配られます。


13
で、メインの牡蠣鍋。だんだん煮えてきましたね。


14
船内ではビンゴ大会(ビンゴが開いた先着10名にお買物券。なんとワダス、ギリギリ10番目でゲット、しかも単独だったので同着のジャンケンもなし。)やカラオケがないのでアカペラの歌唱大会をやったりし、昼から大盛り上がりのレクでございました(*^^)v


15
一応、冬の松島の島々の風景もどうぞ。

16

20

17
船は、松島に近づいてまいりました。


18
こちらの朱塗りの橋は「福浦橋」。別名「出会い橋」と言われてます。


19
こちらは屋根に雪をかぶった「五大堂」。


21
船内では参加者が一言ずつ挨拶したりしながら、和気あいあいのうちに元の塩釜港のターミナルに帰ってまいりました。
中には「誰か座席にカバン忘れた人いるぞ~!?」とかやっていました。


22
で、今回もここですんなりと終わらないのが、某団体の新春レク。
飲みほでほろ酔い加減の皆さんがフラフラ歩いて目指す先は・・・・?


23
カラオケ「ゆき」! 1曲100円!(・∀・)


25
こんな真昼間からカラオケスナックって営業しとるんか?と思ったら、なんと店内は、まるで真夜中のように暗かった。


24
で早速みなさん、さすがにアカペラでは歌いにくかったので、仕切り直しでガンガン歌っておりました。


26
今回カラオケで人気だったは、まず吉幾三。と、それに代表される「津軽」の歌。
津軽平野だったり、千恵っ子よされだったり。
なんでみなさん、冬になると津軽が好きになるんだべ?


27
また、同じように人気だったのが、福田こうへい。
もともと南部の山の方の歌が中心だったのに、この日は何人かのお客が同じ歌「母ちゃんの浜唄」をリクエストしておりました。

小イワシはいらんかね~♪(いらんいらん(ヾノ・∀・`))


28
ということで、ハイボールとから揚げで、ハイカラ~♪(=^・・^=)
(から揚げは出ません。)


29
【PS】
こちらはちゃこPさんが(ワダスが出したお金で)食べたお昼。
で、その値段の内訳がすごい(゚Д゚)


30
上と左の3皿の握りが1,200円。
そして、アワビとウニの2貫だけで同じ1,200円。
満足感が得られるナイスなチョイスだったと宣うておられましたよ(@д@;ノ)ノヒィィ

カテゴリー: 今日のお昼ごはん, 季節の話題, 寿司   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>