しめ縄、飾りました。

みなさんこんぬづは、りゃん父です。

本日、我が家ではしめ縄を飾りました。
29日は「苦」が付くからダメ、31日は「一夜飾り」でダメ。
本当は、末広がりの八が付く28日がベストらしいですが、28日も仕事でダメ。(ちゃこPさんなんか今日まで仕事だぞ。)
ということで、我が家の場合、毎年30日に飾ります。


DSC06579
コチラは、輪通しというしめ縄。
物置や勝手口、2階の部屋、N坊号の室内に飾ります。
毎回この時期に悩むのは、「ゆずり葉」や「松」や「紙垂」を付ける位置と「紙垂」の向き。
「紙垂」は「しで」と読みます。
今回買ってきたのは、すでに「ゆずり葉」も「松」も付いた状態で売られていました。よく見るとプラスチック製。
昔は、松の葉なんかそこいらじゅうで取れましたが、今はなかなか無いですからね。


DSC06586
「紙垂」はネットでググると、どうもこれが正解な感じ。折った方を手前にして、先を縄に挟む。(不正解の場合はご容赦を)
来年悩まないように、今回ダイアリーに画像を載せておきます。


DSC06582
コチラは玄関用のしめ縄。
玄関用も「橙」がプラ製だったりするのもありますが、これは本物が付いていました。
ただ、竹串で打ってあるのではなく、ビニタイで留められただけなので、真っすぐを向いておらず、いびつです。


DSC06585
飾る場所は、玄関脇の外灯に吊り下げました。
現在の住宅は取り付ける場所が無く工夫が必要です。
昔は正月のしめ縄以外にも、元旦など祝日を旗日と言って、どこの家も日章旗も掲げておりました。ウチの近所では、今はほとんど見かけません。他県や地方に行くとまだ見かけることがありますが、消えつつある風習です。
それと、昔はクルマの前にもしめ縄を飾りましたね。今はやっている人はまずおりません。姿を消した風習です。

カテゴリー: 季節の話題   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>