青春の思ひ出

ン十年前、学生の頃、バイトをいくつか掛け持ちでやっていました。
国会議員の選挙事務所のはがきの宛名書き、お茶屋(と言っても芸妓さんが出てくるヤツじゃなくて、緑茶の製造販売会社のことです。)の工場からスーパーなんかへの卸の配達(陳列棚では先入れ先出しが鉄則だった。)、喫茶店の店員等々。

珍しいのでは、1回きりでしたが、デパ屋でのゴレンジャー・ショーっていうのもありました。

このとき、モモレンジャーは小柄な山形出身の先輩=男(ま、山形出身はどうでもよいのですが)が脚を内股にし、“しな”を作りながら演じてました。
しかし、いくら小柄とは言っても胸がペッタンコ、肩幅もあるし尻もゴツゴツで可愛くないし、誰の目から見ても明らかに「オ・ト・コ」(でなけりゃ「オ◯マ」)。
純真無垢なお子さんたちの夢をボロボロに壊してしまったようで、後悔の念が残ったものです・・・(^人^)

スゴかったのと言えば、あるお祭りの時(ハッキリ書くと店が特定できてしまいますので)、玉コンニャク売りを友達んち(自宅兼コンニャク店)でやったのですが、まさに飛ぶように売れて、友達んちのお祖母さんがコンニャクを割り箸に通す役目(まるでマシーンのように作業してました。)だったのが、ついに割り箸もなくなって、そしたらなんとお祖母さんたら、使用済みの割り箸にコンニャクを刺し始めました(@◆@;)
今考えると、あり得ない話ですね。

ということで、学生の頃は結構バイト代が入って、しかも今みたいに毎日酒を浴びる。。。。。φ(。_*)☆\(-_-)じゃなくて、たしなむ習慣も無かったので、使い道としては服とかレコードとか、30万ほどのオーディオ(システムコンポってやつで、なんとこれは今も使っているのです。)を買ったりして、今よりもゆとりある生活が送れていた気がします(^∀^;)

当時流行ったVANの石津謙介がKENTという新ブランドを立ち上げ、◯台にも専門ショップができた頃なんかは、しょっちゅう通い詰めて、ブレザーとかボタンダウンとかトレーナーとか、時には渋いシングルトレンチとか、挙げ句の果てにはウールのコート(当時8~9万もしました。)も買いましたし、あとKENTではないのですが革ジャンも買ったりして、ホント買い物が楽しかったです。

 

ちなみに今では、◯山のツーパンツスーツさえたまにしか買わず(と言うか、年取ると買い物がめんどい。)、シャツは◯ャスコの980円のを色違いで大量に買って着る、という感じ。でも、これらが完璧なほどよく出ていて、丈夫で長持ち、シャツなんか1回着る毎にクリーニングに出しても、一向に縮まず傷まず型崩れせずボタンも壊れず、すっかり元が取れてますね。
「今度は9800円のスーツ(夏物だと6000円!!)も試しに買ってみっか?」とか本気で思ったりしていますね。ほんと凄いや!◯ャスコに行ってみヨーカドー!

 

・・・・・・・さて、そんな昔したバイトで、喫茶店でのバイトというのがありましたが、この店、当時とはオーナーさんが変わったものの、店構えは昔のまんまで今でも営業しています。
店内の一部のテーブルは当時流行ったテレビゲーム付きテーブル。
さすがにワダスがはまったインベーダーゲームはなくなりましたが、麻雀ゲームは今もあります。作動しないようにコンセントが抜かれ(今はこういうのでお金取っちゃダメなんですかね??)ておりますが、今でもテーブルとして使われています。
喫茶店1 喫茶店ですから、食べ物の種類は多くありませんが、メニューもほぼ当時のまま。
で、昨日久々に行く機会があって、当時から好きだった「塩スパゲティの大盛り」を食べてきました。
喫茶店2 特徴は粗挽きウインナーと魚肉ソーセージが入っていること。全然イタリアンなんかじゃないですが、これがなぜだか妙に旨い♪
忘れられない青春の思ひ出、みたいな味で、たまに無性に食べたくなるのです。やっぱりワダスラの世代って魚肉ソーセージが恋しいんだな♪

※ と思って調べてみたら、魚肉ソーセージって、ビキニ環礁の水爆実験でマグロが大暴落した際、苦境に立たされた水産各社が大量に作るようになったらしく、当時の学校給食の普及にのって「西の横綱がインスタントラーメンなら、東の横綱は魚肉ソーセージ」と言われるようになったんだとか!
だからワダスってラーメンも好きだったのか・・・(なんとなく納得しちゃったよ。)

カテゴリー: 今日のお昼ごはん   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>