挑戦者たち

 かみ1 「あ?もしかして、美味しいモンなでちか?それ」

いえいえ、コレは●ロヤン●ポジカΣプラスと申しまして、そう、テレビコマーシャルで佐藤浩市が「だから、医薬品!」とのたまいながら男性の肩をたたいている、毛生え薬なのです。
でもさ、佐藤浩市って濃いですよね~。髪なんて、まるで真っ黒な釜を被ったみたいにメッチャ濃いですね。ほんとに羨ましいですワ、黒々モッサリとしたあの髪の濃さ!
かみ3
で、実はワダスも6年ほど前から、●イショーのリ●ップなるものを使い続けております。
このリ●ップ、この手の製品としては初の「医薬品」だそうで、立派なケースに取扱説明書やアンケート葉書まで同梱されていて、「半年間継続使用しても変化がみられない時はご連絡下さい。」とか自信たっぷりに書いてあったりして、こりゃあマジで薬だわ、ほんまに生えてくるんちゃう?・・・・という期待をそりゃもうほんとに、十二分に膨らませてくれるのです。

しかし、使った感じは、何の刺激も臭いも無く、人口密度が薄くなった頭皮にただただ塗り塗りするだけ。全く何の刺激もありません。
ですから、薬を付けているという実感に乏しいというか、だんだんと付けたり付けなかったりしてしまいます。

かみ そうこうしているうちに、約6年間、荒波によって少しずつ少しずつ削り取られていく岩石のごとく、誠に残念ながら額による毛髪への侵食は着実に「進行」しております。
遺伝とか、食生活とか、不摂生とか、寝てる間に涼々に生え際をしつこく嘗め回されるとか、いろんな原因はあるのでしょうが、それでもワダス、若い頃は額に指を横にして当てて、人差し指と中指の2本しか並びませんでしたが、今や4本+αが並ぶまでに「進行」。若い頃はパーマもかけたりしましたが、今は西田敏行が出るCMに感心しちゃったりなんかして、はっきり言って、ワダスの髪に関する人生は終わったな・・・・。

とか思いながら、今回、無臭無刺激のリ●ップ(イメージキャラクターの内藤剛志もそんな感じ)から、濃くて刺激の強い●ロヤン●ポジカΣプラスに変えてみることにしました。
●ロヤン●ポジカΣプラス、使ってみると、ちゃんとビリビリした刺激があって、臭いも生薬成分の香りがしっかりあって、使っているという実感が持てて「オレね、ダメ元かも知んないけど毎日使ってんだよ、頑張ってんだよ、戦ってんだよぉぉぉぉ!!」みたいな、地上の星を口ずさみたくなる薬です。

o(`ω´ )o「よ~す、オラも挑戦と努力あるのみだべよ、毎日頑張んどっ!」
かみ4 「食べ物じゃないってよ、解散するよ~」「ほい、ほ~い」

カテゴリー: 季節の話題, 涼々とボビたん   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

挑戦者たち への2件のコメント

  1. ごんチチ より:

    ウヒャヒャ~V(^O^)V

    りゃん父さん、人知れず努力されてたんですね!!
    私のバヤイ、もうなるようになるさ、って事で何のメンテもしておりません( ̄▼ ̄*)

    床屋に行っても、「短めのスポーツ刈りでヨロシク」って感じなので
    砂漠化が進行したら、スキンヘッドでヨロシクにしま~す(^^ゞ

  2. りゃん父 より:

    こんぬづは、りゃん父です。
    ワダスは床屋さんに行った時は「脇と後ろは短めに、頭頂部はボリュームをもたせるように、あまり切らないようにしてちょんまげ。」と、お願いしています。

    ワダスの場合、薄くなるのと白髪になるのと、同時並行で進んでいるのですが、どっちか片方にしてほしいですよね、まったく。
    白髪でハゲはあまりと言えばあまりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>