ボビたん、ボビたん病院へ行く(ワクチネーション)

みなさんこんぬづは、りゃん父です。

今日は混合ワクチン接種のため、ワダスがボビたんを連れて病院へ行ってまいりました。
ところで、昨年のワクチン接種からもう一年もたったわけで、時の流れは早いものです。


DSC09513
名前を呼ばれて、まず診察台へ。
体重は、5.9kg。
ボビたん先生から「前回は5.5kgだったので、ボビー君、体重増えました。」


DSC09510
先生、指の間を診ながら、「ちょっと赤いかな?夏は皮膚病になるコが多いのですが、痒がったりしませんか?」
ワダス「大丈夫だと思いますが、脇腹をコチョコチョしてやると後ろ足で空中をカイカイする仕草をしますね。」
先生「  ・  ・  ・  



DSC09511
先生「耳も赤くなっていないし・・。」
ワダス「いや、この間赤くなったので、うちの奥さんが耳薬を付けましたね。」
先生「  ・  ・  ・  


DSC09512
といったかみ合わない会話の後、聴診器で聞いたところ心臓の音も元気、お尻で体温も測りました。
(ちょっと内股になってしまっている。)


DSC09515
そして、看護師さんに抱っこされたまま、ワクチンを「ヂグッ!」とされました。
最後に先生から、パグは年を取ると関節を悪くして歩けなくなることもあるので夏でも運動は欠かさないこと、臭いはしないけど、おかあさん(ちゃこP)と相談ですが口の中の大洗浄(いわゆる全身麻酔での歯石除去?)をどうするか、等のアドバイスをいただきました。
この後肛門腺と爪切りをやってもらって終了。


DSC09516
帰宅後、ワダスから体重のことを聞いたちゃこPが、リードを付けたままだと体重が増えるので、自分が連れて行った場合はリードを外し、おしっこもさせてから体重を測ってもらうのだそうで、今日の場合、リード約100g、首輪約20g、おしっこ約150gの計270gを減算し、正しい体重は5.63kgである!と言い切っておりました。

(._.)「  ・  ・  ・  


(フィラリアの薬のSサイズが体重5.65kgなのでギリチョンでセーフだそうです。)

カテゴリー: 涼々とボビたん   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>