ライフお号の冬タイヤ、新品になりましたが・・・。

みなさんこんぬづは、りゃん父です。

我が家のライフお号、冬ともなれば、かつては青森の凍結路や地吹雪の道、昨年、一昨年は山形の圧雪や融雪剤がガッツリ撒かれた山形道をアチコチ錆が発生しながらも、元気に走っております。が、冬タイヤは、2012年の12月に変えてから、すでに去年までで5シーズンが経過いたしております。
さすがにここ数年は、駐車場の圧雪でタイヤが空転して脱出に苦労したり、凍結路で発進時やブレーキング時に滑ったりしないよう、アクセルワークに非常に気を使いながら走らせておりますので、今年本格的な冬が来る前に、冬タイヤを新品にすべく、ヨコハマタイヤの直営店「タイヤガーデン」に行きました。

ヨコハマの今年新発売のアイスガード・シックスは、ライフお号のサイズ(155-65R13だと1本11,000円、これに対し、昨年までの主力商品アイスガード・ファイブプラスだと1本5,700円、入替料、バランス料、廃タイヤ処分料、消費税も含めて、しめて28,800円、とてもリーズナブルなお値段だと思いますよということで、これにしてもらうことにしました。


DSC01326
ということで、ライフお号、店の工場に入り、これまでの冬用タイヤを後部座席から下ろし作業が開始されました。


ところが、これまでのタイヤをアルミホイールから外し、新品を付けてみると、2004年の冬から使い続けてきたアルミホイールのリムのタイヤと密着する部分(ビード面)が長年の使用で腐食が進み、塗膜も浮いたり剥がれたりして、研磨して再度履かせてみたもののエア抜けが起きるという症状が出ました。
さすがに13年も融雪剤の撒かれた雪道を走り続けると、アルミホイールもそのようになってしまうのですね。


DSC01328
ということで、急きょアルミホイール4本も新品になってしまいました(|||▽||| )
値段は4本で端数切捨てサービスの17,000円。
今まで使用していた穴開きナットも、今回のアルミはナットが見えるタイプなので、袋ナットに替え、これもサービス。
結局総計で45,800円の支払いとなりました。


DSC01330
タイヤもホイールも新品となって帰ってきたライフお号。足元がとても凛々しい。
どーよ(‘-’*)v


DSC01331
ヨコハマのアイスガード・ファイブプラスと新アルミホイール。ホイールはディスク面が立体的な造りでとてもカッコ良い!! もちろんキラキラの結晶塗装です。


【PS】タイヤだけでなくホイールまで追加で購入するはめになったワダスですが、髭も剃らずに髪も寝癖が付いたまま、穴の開いたデニムで行ったものだから、お店のカウンターのおねいさん、お金を受け取る際、随分と気の毒そうな表情を浮かべながら応対してくださいました(*^-^*)

カテゴリー: ライフお号, 季節の話題   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>