ボビたん病院と最近の昼ごはん

みなさんこんぬづは、りゃん父です。

昨日(18日(土))はちゃこPさんがお仕事。
で、ボビたんの爪切り&肛門腺&咳止めシロップをお願いされたので、ボビたんを連れて行ってきました。


DSC02700
ボビたんをライフお号の助手席に乗せ、ハーネスにシートベルトを通して固定すると、このような状態でずーっと静かにしています。


DSC02702
こちらは、病院からウチに帰るときのボビたん。若干爪が短くなっております。


DSC02701
病院の女性スタッフからは「血管が伸びているのでギリギリまで切っていますが、すぐにコンクリートとかを歩かせると出血する可能性があります。」との注意喚起をいただきました。
ボビたんは元々肉球が丸くて盛り上がった感じで、涼々と違って、歩いてもなかなか爪が減りません。その分伸びてしまい、巻き爪までには至りませんが、放っておくとなりかねないので、時々ちゃこPさんが爪切りで切っています。
で、たまにこうして病院でしっかり切ってもらいます。

それと、ボビたん用咳止めシロップ。中身がほんの少しの割には、結構高い。ちゃこPさん曰く「人間用ではダメなのか?」(聞いてみれば?)


DSC02708
病院から戻った後は、マジェス子号の給油を兼ね、昼食は、“豚”じゃなくて“琢”へ。


DSC02704
別にワダスがそう言っているのではありません。店主が、そのように言っております。


DSC02705
本日注文したのは、「特製醤油ラーメン」と、


DSC02706
羽付き餃子。羽付きというより、羽に餃子が付いたといった方が正しいかも。


DSC02707
この琢という店に入った際は、まだお昼の12時半だったのに、ワダスの前には一人しかお客さんがおりませんでしたが、ワダスの後から5組くらい立て続けにお客が来て、あっという間に混んできました。

最近少ない、細麺の縮れ麺。たまに食べると懐かしい感じがして、美味しいです。



カテゴリー: ラーメン, 涼々とボビたん   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>