今年も青森にブルーベリーの収穫に行ってきました。

みなさんこんぬづは、りゃん父です。

今年はいつまでも梅雨前線が停滞し、いつになったら夏が来るのでしょうか。
仙台なんかだと梅雨が明けないまま、秋になってしまうこともたまにあって、そういう年は農作物の作柄も悪いみたいです。昔だと飢饉ってやつですね。

さて、そんな中ではありますが、7月の海の日・スポーツの日を含む4連休の2日目(24日)から最終日(26日)、昨年に引き続き、青森のちゃこPさん実家に、ブルーベリーの収穫のために行ってきました。
今回は、その珍道中の模様です。
(なんで珍道中?)


01
7月24日、コロナが無ければ、本当だったら2020東京五輪の開会式となった日、ワダスとちゃこPさんとボビたんでN坊号で東北自動車道を北に向かいます。
コロナで高速道路も空いております。岩手山は雲に隠れて見えません。


02
それでも、高そうなゴールドのBMWのR1250RSも北に向かっております。
転倒した際のエンジンガードも立派。さすがBMW。


03
陸上自衛隊の車列も北に向かっております。


04
こんな装甲車まで高速を走っております。
装甲車ながら、時速80キロは余裕で出せるみたいで、意外に速いのですね。


05
7月の24日、25日、26日の天気予報は24日だけ曇りで、残りの二日間は傘マークなので、24日だけ屋外作業が可能。で、24日の午後から収穫できるよう、早朝、我が家を出発し、午前11時半にはちゃこPさん実家に到着しました。



06
実家の庭には、亀の「カメタロウ」が飼われています。
カメタロウはべニア板の囲いの中で生息しており、コチラは表札代わり?
剥がれても貼ってもらえないところが哀しい(/_;)


07
いました、カメタロウ。
ただし、なぜか今年は単に「カメちゃん」と呼ばれていました。
13歳だそうです。


08
コチラは、実家の階段を登り切った2階廊下に急きょ作られたボビたんの居住スペース。
眼も見えなくなり耳も聞こえないボビたんが動き回っても危なくないように作ってあります。


09
ただ階段の上なので、熱が籠ってちょっと暑かったようです。
(ちゃこPさんはここでボビたんと一緒に二晩、寝泊まりしました(・∀・))


10
コチラは家の外に作られた、ちゃこPさんのおとっつぁん自作のブルーベリー用作業小屋。毎日天候が悪くてブルーベリーがすぐ湿気を帯びてベタベタしてしまうので、温風で乾燥させるための乾燥設備も自作し、設置されております。


11
棚にブルーベリーを並べて乾燥させます。


12
いよいよ収穫作業を開始します。
ちゃこPさんは、ハチ除け、アブ除け、UVカット、その他諸々で、まるで防護服に身を包んだような出で立ち。
(完璧っすね、センパイ!(・∀・))


13
昨年は、鷹の形をした鳥追い用のカイト(ポール竿付き)が畑の上空に羽ばたくように設置されていましたが、今年畑の上に吊るされているのは、ソフビ製のトラ「鳥獣撃退タイガー K-002号」。
全然鳥たちに恐れられないカイトに比べ、こちらのタイガーの方がかなり効き目があるのだそうです。意外ね。


14
我々が収穫しようとするブリ―ベリーの木には、わざわざ父親が娘(ちゃこP)のファーストネーム(○○子様)を書いた名札をぶら下げ、他の人が間違って収穫してしまわぬよう、表示しております(*^人^)


15
あちこちの木にちゃこP(○○子)様の名札がぶら下げられております。
(ちなみに、当然りゃん父様なんてのはありません。ちゃこP(○○子)様ほか1名といったところですね(;’∀’))


16
ブルーベリーの実。
ラズベリーやブラックベリーやストロベリーは草ですが、ブルーベリーは木です。


17
それではワダスもブルーベリーもぎ作業開始。いざっ!
いつになく真剣な表情です。


18
上や横からだけでなく、下から見上げると葉に隠れて見えなかった部分に、結構実が付いているので、角度を変えながら収穫します。
我ながら、「人生の楽園」に出てくるオヤジみたいです。
(大体、あの人たち、ワダスと同年代です。(あの人って誰?))


19
ちゃこPさん実家のブルーベリーは出荷するのではなく、基本、自家消費用なので完熟したものを収穫します。


20
昨年は、全部で9kg収穫しましたが、今年は昨年の収穫量の更新を狙って、黙々と収穫します。
(ただの欲張り。)


21
収穫したブルーベリーは、作業小屋に運んで、乾燥させる工程に入ります。
で、本日の作業はこれで終了。翌日はパック詰めの作業を行います。


22
翌7月25日は朝から、パック詰め作業です。
この日は霧雨のため、ブルーベリーを作業小屋から屋内に運び入れ、座敷でパック詰めです。
まず、熟し過ぎて柔らかくなったものや、傷があるものを選別して除けておきます。これらはジャムにします。


23
パック詰めしたブルーベリー。
容器の蓋に呼吸用の穴をあける作業は、昨年はパック詰め当日にワダスが一個ずつパンチを使って開けましたが、今年は、近所のホーマックから購入した容器に、事前に穴を開けてから青森に来ましたので、非常に作業がスムーズに進みました。
(進化しているね。)


24
25
とういうことで、7月26日に宮城に帰り、我が家の冷凍庫と冷蔵庫の冷蔵室に運び入れられたブルーベリー。
大小のパックの数と内容量を掛け合わせると、今年の収穫量は、昨年を倍以上に上回る約19kg!
記録更新、アリガトウございます(人’’▽`)
当然、親戚やワダスとちゃこPさんのそれぞれの職場にもお土産として配りました。
我が家の冷凍庫のは、毎日ヨーグルト入れて食べたりしますが、おそらく食べ切るまで1年かかると思います。
本当にありがとうございましたm(__)m


26
【おまけ画像】
青森初日の収穫作業後、実家の庭にボビたんを出して遊ばせながら、仁王立ちで、黒生のロング缶を飲むちゃこPさん!
「ひと汗かいた後のビールはサイコー!!(≧◇≦)」だそうです。


(良い子は真似をしないでね。)

カテゴリー: 季節の話題, 家族でお出かけ, 青森   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>